商売っ気のなさに惚れました。「木屋」(福岡・祇園)

少しずつではありますが、東京でも認知度が高まりつつある博多うどん。少し詳しい方なら、博多うどんといえばまず「みやけうどん」「因幡うどん」あたりを思い浮かべる方が多いと思いますが、ここ冷泉町の「木屋」もまた歴史のある博多うどんのお店です。 続きを読む

おうちが一番、うちだ屋二番。「うちだ屋」(福岡・姪浜)

うどんリレーin福岡201610の7杯目は、福岡市西区・姪浜(めいのはま)にある「うちだ屋」さんへ。姪浜というと「まことうどん」も大変おいしいうどんを出してくれるのですが、「うちだ屋」の雰囲気もまた独特でいいんです。なんていったってここは「うどん屋」じゃなく「うどんレストラン」。 続きを読む

1泊2日で15杯! うどんリレーin福岡201610

日々「うどんうどん」とつぶやいていた成果でしょうか。「よし、好きなだけ食べてこい!」と、口にするのも恐れ多いあの某広告代理店さんがお声をかけてくださるミラクルが起こりまして。かくして2016年10月10日、私の1泊2日うどんリレーin福岡が始まりました。 続きを読む

「博多うどんを知ってほしい」 本場そのものの味を通販で

年齢や出身地より、「何うどんが好き?」と聞かれることが多い2016年。大抵「うどんなら何でも!」と博愛主義者ぶるのですが、ごめんなさい……私の心はやはり博多うどんにあるのだと、本日「博多女子本舗」さんのうどんをいただきながら思い知りました。(というか私の中で博多うどんが殿堂入りなだけで、基本的にうどんそのものが大好きです) 続きを読む

大助のつゆ、それだけのために行く価値がある。「大助うどん」(福岡・藤崎)

ずいぶん前の、正確に言えば訪問したのは5ヵ月前と、大変鮮度に欠ける記録を恥ずかしげもなく。

さて、この日やってきたのは、博多駅から地下鉄空港線に乗り15分ほどの藤崎駅。藤崎駅といえば、すでに「うどん吉」をご紹介していますが、その目と鼻の先にある「大助うどん」も印象的でした。 続きを読む

「孤独のグルメ」ファンならご存じ!帰郷の味まで20秒「みやけうどん」(福岡・呉服町)

福岡の数あるうどん屋さんの中でもかなりお気に入り、呉服町の「みやけうどん」。昭和29年創業、福岡における老舗うどん店のひとつです。呉服町駅すぐの路地にある建物は、大正時代に建てられたものだとか。 続きを読む

素材感際立つ極上のえびかき揚げ!ビブグルマン掲載「葉隠うどん」(福岡・博多)

「おすすめはえびかき揚げうどんです」。なるほど、ヌードルライター山田祐一郎さんが絶賛されるのも納得。正直、こんなかき揚げは初めて。衣に埋もれることなく、絨毯に寝そべるかのごとく配された大ぶりのえびの姿がなんとも陽気でユニーク。ワクワクを箸に託して噛むと、 続きを読む