日本テレビ『誰だって波瀾爆笑』にちょこっとだけ。

本日、日本テレビ『誰だって波瀾爆笑』の「巷のハランさん」というコーナーにほんの少し出させていただきました。謙遜などではなく私よりもおうどんに造詣の深い方は多くいらっしゃいますので(例えば香川のお店700軒くらいすべて回った、小麦栽培から経験したことあるなど)、本当に恐縮でした。訪問済にも拘わらず弊ブログでまだ書けていないお店もたくさんあるというのに……。 続きを読む

地粉を使った甘みいっぱいのおうどん。「手打うどん 長谷川」(東京・大泉学園)

大泉学園の「手打うどん 長谷川」さん。石神井台「エン座」の大将に師事後、「エン座 長谷川」という店名で営業されていましたが、2013年より「手打うどん 長谷川」として移転&再スタートを切られました。長谷川さんの男らしさあふれるおうどんと、美人女将・亜樹さんの美味しいお料理が評価され、2015・2016・2017年と3年連続でビブグルマンに選出されています。 続きを読む

県外でイメージされる讃岐うどん? 「元祖しょうゆうどん 小縣家」(香川・仲多度)

うどんリレーin香川20170125の5軒目は仲多度郡まんのう町へ。左手には「元祖しょうゆうどん 小縣家」、右手には「長田うどん」。さあ、どっちへ行く?どっちへ行く?エ~イどっちも行っちゃおう!ということで、まずは「小縣家」から。 続きを読む

細麺が繰り出す独特の粘り。「BUZEN 麻布十番店」(東京・麻布十番)

北九州・小倉発の「豊前うどん」については、これまで東京・高田馬場「大地のうどん」や福岡・天神「うどん和助」の記事でご紹介してきましたが、2014年5月オープンの「BUZEN 麻布十番店」も豊前うどんのお店。場所は麻布十番駅から徒歩2分、網代公園近くのかつて「CAFE LIFE」だった一軒家風の建物です。 続きを読む

かしわ入りがデフォルトなんです。「玄海うどん」(福岡・小倉)

北九州は小倉。JR小倉駅で乗り換え時間に余裕があるとき、つい足が向くのが「玄海うどん」。街では魚町の「資さんうどん」のお世話になりますが、小倉を離れるときはここ「玄海うどん」が私にとっては別れの味となります。ちなみに、7・8番線ホームの立ち食いうどんもファンが多いですが、私はなんとなくこちら。 続きを読む

シモキタに佇むシック系うどん居酒屋。「梅窓」(東京・下北沢)

下北沢駅近くに、デートや一人飲みと気楽に使えそうなうどん居酒屋さんがあります。場所は南口から徒歩3分、ヴィレッジヴァンガードの目の前。梅の花をモチーフにした赤い暖簾の「梅窓(ばいそう)」さんです。“梅の窓”、なんて素敵な店名でしょう。 続きを読む

凛としたイリコ出汁に美少年な麺。「うえだ」(愛知・名古屋)

うどんリレーin名古屋201701の続きです(ちょっと順番が前後してます)。1月21日、この日の8杯目は名古屋市内の御器所駅そばの「うえだ」さん。すぐ近くにはきしめんの「みや川」さんもあります。「うえだ」さん、大変人気でお店の前に行列ができることもしばしば。 続きを読む

古民家で、しっとりとしたうどんと酒肴。「谷や和」(東京・水天宮)

この日は日清製粉にお勤めのお二人と粉談義の会でした。尊敬する方々との会が催されたのは、水天宮の「谷や和(かず)」さん。讃岐うどんの「谷や」の2号店で、こちらはおいしいお料理とお酒、うどんがそろうとっても素敵なうどん居酒屋です。 続きを読む