その麺、水系の極み。師匠の魂が宿る『うどん屋 大作』(東京・蒲田)

こちらのお店ができると知ったときの興奮は忘れられません。2017年8月12日にオープンされた『うどん屋 大作』さん。もうすでに多くのファンを掴んでいらっしゃって、言うまでもなくこのエリアの人気店だけど、ゆくゆくは東京トップクラスの有名店になるはずです。まだの方はお早めに。 続きを読む

しっとり、水がにじむ麺。「手打ちうどん かとう」(愛知・中村区)

結論から言えば、最高に好み。

名古屋は中村区の「かとう」。1泊2日の名古屋うどん旅で、新規開拓もしつつなんだかんだ2日連続で訪れてしまいました。ご主人の加藤さんは香川県さぬき市の「源内」で修業し、2010年に「かとう」を開店。 続きを読む

【テレビ出演のお知らせ】1/7(日)18:00~「車あるんですけど…?」(テレビ東京)

あけましておめでとうございます。今年もうどん道をのんびり進んでいきたいと思います。

さて、テレビ出演のお知らせです。明日放送の「車あるんですけど…?」(テレビ東京)という番組で、ラーメンマニアのゲスト・しずる村上さん、そばマニアの本橋 隆司さんと各自の気になるお店3軒を回ります。 続きを読む

癒しの釜揚げ。「長田うどん」(香川・仲多度)

なんと怠惰なことか、うどんリレーin香川201701を書き終えていませんでした。

1月25日。この日、6軒目として訪れたのは「長田うどん」。県道190号と197号の交差点。目の前の「元祖しょうゆうどん 小縣家」で食べ終わり、3分後には「長田うどん」に入店していました。 続きを読む

県外でイメージされる讃岐うどん? 「元祖しょうゆうどん 小縣家」(香川・仲多度)

うどんリレーin香川20170125の5軒目は仲多度郡まんのう町へ。左手には「元祖しょうゆうどん 小縣家」、右手には「長田うどん」。さあ、どっちへ行く?どっちへ行く?エ~イどっちも行っちゃおう!ということで、まずは「小縣家」から。 続きを読む

シモキタに佇むシック系うどん居酒屋。「梅窓」(東京・下北沢)

下北沢駅近くに、デートや一人飲みと気楽に使えそうなうどん居酒屋さんがあります。場所は南口から徒歩3分、ヴィレッジヴァンガードの目の前。梅の花をモチーフにした赤い暖簾の「梅窓(ばいそう)」さんです。“梅の窓”、なんて素敵な店名でしょう。 続きを読む

古民家で、しっとりとしたうどんと酒肴。「谷や和」(東京・水天宮)

この日は日清製粉にお勤めのお二人と粉談義の会でした。尊敬する方々との会が催されたのは、水天宮の「谷や和(かず)」さん。讃岐うどんの「谷や」の2号店で、こちらはおいしいお料理とお酒、うどんがそろうとっても素敵なうどん居酒屋です。 続きを読む

山間に佇む米屋のうどん屋。「谷川米穀店」(香川・仲多度)

うどんリレーin香川201601にて3軒目のお話。「急げ急げ~!」。坂出の「がもう」を出発した青いんさん、フードスタジアム編集長・こうぞうさん(香川県観音寺のご出身)、私の3人が焦りながら目指したのは、仲多度にある「谷川米穀店」。 続きを読む

故郷じゃないのに懐かしい。「がもう」(香川・坂出)

「なんて牧歌的なんだろう!」。日の出製麵所を後にして、県内外からのお客さんで行列が絶えない人気店「がもう」に到着したときの第一印象です。かけうどんの湯気の向こうに田んぼとなだらかな山々が連なるさまに、香川県人ではないのに懐かしさなんて覚えてしまって。 続きを読む