元高校球児の大将が打つ、凛とした骨太うどん。「がむしゃら」(埼玉・入間)

本日から始まった「西武線沿線うどんラリー2018」。参加店を簡単に紹介していきます(順不同)。今回は5軒目。

* * *

思えば、最初に伺ったのは2016年末のこと。『散歩の達人』という雑誌で、埼玉のうどん特集を担当した際に取材させていただいたのがきっかけでした。 続きを読む

お母さんの武蔵野カレーつけ麺。「のり平」(埼玉・入間)

今週から始まる「西武線沿線うどんラリー2018」に向け、参加店を簡単に紹介していきます(順不同)。今回は4軒目。

* * *

以前、ご紹介した「のり平」さん。埼玉のうどん店として最古参の一つ、「きくや」の姪っ子である西川さんのお店です。 続きを読む

たて、よこ、たて。歯に感じるグルテン網。「三丁目の手打うどん」(埼玉・狭山)

来週から始まる「西武線沿線うどんラリー2018」に向け、参加店を簡単に紹介していきます(順不同)。今回は3軒目。

* * *

色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす――なんて言葉もあるほど、お茶の産地として知られる狭山。そんな狭山市の南、武蔵藤沢駅から徒歩10分ほどの「三丁目の手打うどん」。 続きを読む

お天道様の下で味わう。「お寺うどん」(埼玉・飯能)

『散歩の達人』2017年2月号のうどん特集にて1ページ目にご登場いただいた埼玉・飯能の「お寺うどん」さん。ちょっと他にはない店名の由来については後々触れるとして、ここ「お寺うどん」では運が良ければ看板猫のコタロウに会えるかもしれません。 続きを読む

地粉を使った甘みいっぱいのおうどん。「手打うどん 長谷川」(東京・大泉学園)

大泉学園の「手打うどん 長谷川」さん。石神井台「エン座」の大将に師事後、「エン座 長谷川」という店名で営業されていましたが、2013年より「手打うどん 長谷川」として移転&再スタートを切られました。長谷川さんの男らしさあふれるおうどんと、美人女将・亜樹さんの美味しいお料理が評価され、2015・2016・2017年と3年連続でビブグルマンに選出されています。 続きを読む

東京うどん界の巨匠。「sugita」(東京・中目黒)

中目黒の「sugita」さんといえば、東京うどん界の巨匠。この日は大将のうどんを久ッ々に食べたくなり、開店一番乗りで伺いました。 これまでメディア的にも度々登場する同店、一番有名なのは1日20食限定の「のりぶっかけ」でしょうか。でも他のおうどんも本当においしいの。 続きを読む

「ただいま」を飲み込んだ。「のり平」(埼玉・入間)

入間駅から歩くこと15分。閑静な住宅街の中に「手打うどん」と書かれた白暖簾を発見。ガラガラと扉を引くや「いらっしゃ~い」と優しそうな女性スタッフさんたちに声をかけられ、思わず「ただいま」と言ってしまいそうになるくらい、店内は温かい“お母さん感”に溢れています。 続きを読む

暑いだけじゃない!埼玉一の小麦生産量を誇る熊谷のご当地うどん「熊たまや」(埼玉・熊谷)

力強い食感が特徴の武蔵野うどんにルーツを置き、町おこしの一環として生まれた「熊谷うどん」。実は埼玉県熊谷市、小麦の生産量で県内一を誇るとか。毎夏、中山リポーター@ミヤネ屋がぐじょぐじょになるだけが熊谷じゃない! 続きを読む