だしににじむ、人柄。「うどん吉」(福岡・藤崎)

「うどん吉(きち)」は高取に店を構えて約30年、女将と大将でのんびり営む小さなお店だ。あゝもうこの外観からして心躍る。この「まちのうどん屋さん」感って1年や2年では醸し出せない財産だ。カウンターの隅っこに座り、ごぼう天うどん450円を注文。

続きを読む

大助のつゆ、それだけのために行く価値がある。「大助うどん」(福岡・藤崎)

ずいぶん前の、正確に言えば訪問したのは5ヵ月前と、大変鮮度に欠ける記録を恥ずかしげもなく。

さて、この日やってきたのは、博多駅から地下鉄空港線に乗り15分ほどの藤崎駅。藤崎駅といえば、すでに「うどん吉」をご紹介していますが、その目と鼻の先にある「大助うどん」も印象的でした。 続きを読む