踏みの極み。『ザンギうどん 一久』北海道・札幌



全10種類のメニューのうち7種類に北海道名物、ザンギが乗る“ザンギうどん専門店”。どれもかぶりつきたくなるくらい大ぶりで、それが豪快に盛られたさまに思わず腕まくり。うどんも負けてはいません。「太く長い人生を」と打つ麺は一本一本に力強さがにじみ、持ち上げると手首にぐんと響き優美な曲線を描きます。

ご主人の中村秀輝さんは、大手セルフうどんチェーンの北海道進出を支えた方。独立後、2007年に「ザンギうどん 一久」をオープンし、現在札幌市内で2軒営業していらつしゃいます。

地元への信頼と愛着から道産小麦をブレンドしていると教えていただきました。体重100kgとガタイのいい中村さんに鍛えられた麺はもっちりと口当たりよく、噛めばぎゅんとしなり、潤いたっぷりに喉の奥へスライディングー。これとガリッとジューシーなザンギとの相性なんて、それはもうメオトのようにぴったり。ハードな見た目ながら、最後まで頬が緩みっぱなしでした。

ごちそうさまでした。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


タグ: ,