19/05/25

【世田谷・松陰神社前】うどんスナック「松と麦」をオープンしました。


やっとやっと。2019年5月20日(月)。自分のうどんスナック『松と麦』をオープンすることができました。これまでは知人のお店をお借りしてうどんイベント等開催させてもらっていましたが、念願の、自分の「現場」です。執筆業やメディア出演などと並行しながら、週1だけの基地的な空間にしていければと思っています。

普通のお店と違うのは、毎週小麦粉を変える点です。これには「うどんは穀物」「小麦によってうどんは変わる」「うどんの美味しさは一つではない」という、自分の伝えたいテーマを食べて知ってもらおうという狙いがあって、かといって堅苦しいのは私も苦手なので、お酒と一緒にのんびり啜ってくださいなという“ゆるい体験”になれば、にひひ。

まじめな話、小麦の個性とか、自分が好きな食感の正体を知ると、うどんへの考え方ってぐっと変わるはずなんです。排他的な至上主義の方はどこの世界にもいるものだし、それはそれでもうそちらで楽しんでくださいという感じなのですが、そうではない、もっと潜在的に余白をもつ方のうどんの世界が少しでも広がるように、誰に頼まれているわけでもなく謎の使命感とともに、私自身が楽しみながら結果的にそうなっていったらいいなと思います。お酒片手に。

話は戻りまして、初回は福岡産チクゴイズミをメインに選びました。これまでのイベントで、チクゴイズミが関東の方にもウケることが実感できていたのと、お世話になりっぱなしの福岡への小さな小さな恩返しの意味も込めて。

チクゴイズミのつるむにゅ感を全面に北海道のキタホナミで輪郭を強化してあげる形で太麺に仕上げ、これを肉汁うどんと合わせ、さらに麺を食べ終わった後のお楽しみとして、尊敬する所沢「うどきち」さんと、公認ストーカーをしている福岡「円清」さんのアイディアをフュージョンした“生姜入り二番だし”も提供してみました。

ライターとして多くのお店を取材させてもらった経験をこんな感じで活かしていけるといいな。

うれしいことにうどん屋さんも3人いらしてくださり(横浜からも!)、「何のお店〜?」とふらり立ち寄ってくださった方も含め予想以上の方にお越しいただき、本当に、質のいい疲れに満たされています。ありがたい、ありがたい。

(可愛らしいお花などいただきました)

こういう空間を自分の人生に組み込めてよかったなあと今、とても幸せです。来週も、そのまた次の週もがんばります。

うどんは毎回、平均的なサイズのハーフで15人〜20人分くらいを予定しています。売り切れ次第終了ですが、遅い時間にしか来られない方のため取り置きもやろうかなと思っています。当日夕方くらいまでにtwitterにリプくださいませ。

最後になりますが、ここの空間自体の総称は「スナックニューショーイン」といいます。他の曜日はまた複数人のオーナーがいて、彼らの職業もデザイナー、カメラマン、演劇関係者、保育士YouTuberなどさまざま(クリエイティブ畑寄り)。

「スナックの居抜きを使って面白いお店を作ろうよ」――そんな話が持ち上がったのが、2019年3月末。そこから一つひとつ、みんなで話し合いながらこの空間を育てています。1年後にはどんな場所になっているんだろう。そちらも楽しみです。お近くの方は月曜以外もぜひお立ち寄りくださいませ。

「松と麦」

東京都世田谷区世田谷4-2-7 東急世田谷線「松陰神社前」駅すぐ(Googlemap)営業時間 毎週月曜18:00-24:00※変更もあるので詳細はtwitterにてご確認ください。


スポンサーリンク