小麦粉の色調を知る。ペッカーテスト



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

自宅で簡易ペッカーテスト。製粉会社の方なんてもう目にも止まらぬ早さで、かつ美しく行うこのテスト。

わたしは下手くそです。

ざっくり言えば、薄いガラス片に小麦粉をどばっと、別のガラス片でちょろちょろいじった後に挟み、水へイン。その後、引き上げて観察するところまでがワンパッケージ。

目的は、小麦粉の色調を知ることです。一見どれも同じに思えるかもしれない小麦粉ですが、いいえ、色も、手触りも、みな違います。研究機関では色彩計などで数値化しますが、目で見るだけでも随分と違いが分かります。ASWは概ねやや白めカラーですが、今回は特殊な粉なので強めの黄で着地。

こういうの、小さな子に体験してもらったら食育ってやつになるのでしょうか。