朴訥の上州粉。『福福』東京・八丁堀



早めのランチを八丁堀『福福』にて。上州の粉をつけスタイルでいただきます。麺はわしむちっと素朴さがウリ。

武蔵野エリアのそれと似ているようで醤油の使い方が違います。こちらはもっとうっすらとした仕上がりかな。こういうのもいいですねぇ。店名を冠したメニュー「福福」のつけつゆはお揚げ・揚げ玉・豚肉入り。

ごちそうさまでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆