【トークイベント】2月23日(土)@六本松蔦屋書店



うどんトークイベントin福岡のお知らせ。今月23日(土)、六本松の蔦屋書店にて「うどん手帖」発売記念を兼ねたトークイベントを行います。相方スピーカーは、昨年KADOKAWAから発売された「うどんWalker」編集担当・近藤耕平さん! 蔦屋書店さんのサポートの下、二人で福岡うどん話を純度高めでお届けしますよー! 無料なのでお気軽にどぞ!

▼2月23日(土)
時刻:17:30-18:30
場所:アートスペース
定員:30名
参加費:無料
 ▼スピーカー
井上こん:うどんライター
近藤耕平:編集者
▼司会
六本松 蔦屋書店コンシェルジュ

 

詳細はこちらから。

ラーメン以上の盛り上がりと言われる福岡のうどんシーン。
このうどんブームを支えるのは、
歴史に裏打ちされた福岡の豊かなうどん文化。
「うどんが好き」の一心で、
うどんライターとなった井上氏と、グルメ編集者近藤氏が、
気になるお店や、取材秘話、福岡うどんの未来など、
ふわふわ、しこしこ、つるるつと、つかみどころのないうどんの、その愛すべき正体をつかもうと
腰の入った熱々のトークを繰り広げる1時間。
どこを切ってもおいしいうどんの話のみのピュアうどんイベント。
肩肘張らずにやわらかい気持ちで、おいしいうどんの話を聞きに
アートスペースにお立ち寄りください。

(六本松 蔦屋書店 公式サイトより)

【スピーカープロフィール】

近藤耕平
編集者・ライター。編集者としては雑誌媒体を中心に活動し、「うどんウォーカー福岡・九州」のほか、「まったく新しい糸島案内」シリーズ(KADOKAWA)などを手掛ける。ライターとしてはインタビュー記事の執筆がメインで、スポーツ選手から企業PRまで、年間の取材人数は100名以上。北九州市出身のため、ソウルフードは「資さんうどん」。
井上こん
うどんライター。幼少期からうどんを食べ続け、現在の年間うどん摂取量は約500杯。「作り手の数だけうどんがある」を信条に、文化や風土の考察、科学的な理解を心がけた取材で雑誌を中心に寄稿。「波瀾爆笑」(日本テレビ)、「車あるんですけど…?」(テレビ東京)などメディア出演多数。2018年より筑後うどん大使。福岡県生まれ。