手打ちログ|ニシホナミ×キタホナミ2019.02.07



ニシホナミは特にお気に入りの福岡産の小麦で、柔らかく伸びのある麺を作るときにおすすめです。今回は北海道産のキタホナミがブレンドした粉を使用。どちらもホナミですが、親小麦に関連性はないようです。

というわけで、名付けて「ホナミシスターズ」。

□鳥越製粉「むぎのかおり」(ニシホナミ+キタホナミ)
□加水 52%
□ボーメ 13
□寝かせ 1次1時間、2次5時間
□鍛え ちょろちょろ
□切り 6-8mm
□茹で 8分30秒→締め
□食べ方 ラム味噌カレーつけうどん

ニシホナミのむっちゅん滑らかな肌とキタホナミのきゅっと締まった身のいいとこどり。ニシホナミ、もっと使われるようになったらいいな。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆