高精度のクリームうどん。『茶ぶ釜』福岡・大濠公園



季節限定の牡蠣の味噌クリームうどん。重くなりがちなクリーム系のイメージが一転しました。白味噌と出汁が丸い輪郭を描き、押し付けがましいコクではなく優しい風味が続いていくような。

柚子の香り、マイクロリーフの軽い苦みも光っていました。料理としての精度が高いうどんだなあと心から尊敬します。季節の知らせが天ぷらやちょっとした肴以外にもあるなんて、それがうどんそのものだなんて。次は暑い季節に行こう。

そうだ。先端に工夫のある箸だったり、食後にお茶を出してくださったりと、一つひとつが丁寧だったことも、うれしい気持ちとともに印象に残りました。

ごちそうさまでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


タグ: