縮む麺線。『あずみうどん 太刀洗店』福岡・三井郡



『あずみうどん 太刀洗店』。入り口に製麺室があります。職人さんに伺うと、製法は田主丸店と一緒で一度に24杯分打つそうです。何といってもその大きさが見もの。

ずっと見ていると、なんだか反物を畳んでるように見えてきたりして。一本一本がありえないくらい長く、最後にそれを素手で「ブチッ」と捻り切るのが見ていてすかっとします。切った麺を打ち台に並べると、麺がわずかに縮み、低アミロースらしさ大爆発。

筑後うどんの「柔らかさの中に伸びがある感じ」を味わえるお店です。

ごちそうさまでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆