自分史上最高のとろろ『えびすやうどん』福岡・博多



食に関しては凝り性なところがあり、同じお店に2日3日と連続でお邪魔してしまうことも。福岡・住吉神社にほど近い「えびすやうどん」もそうだ。初めて訪れたとき、1泊と短い旅にもかかわらず、気がついたときには翌日も行列に並んでいた。最近は海外からのお客も多く、開店と同時に店は満席に。今、博多エリアで行列を作るうどん屋の一つだ。

人気メニューは、あるコンテストで話題になった「カルビぶっかけ」だが、私としては「とろろ月見」の魅力を語りたい。自分史上最高のとろろうどんだ。

福岡県産小麦を使用した扁平の麺はまるで磨いたようにピカピカで、唇に当てるとそのエロティックな質感に少しドキッとする。それがとろろと抱き合い、スルンと喉をすべり落ちていく心地よさといったら得も言われぬほど。考えてみれば、摩擦係数が限りなく低い麺にとろろという加速装置が付いているようなもの。いつまでも口に残しておきたいなどという欲求とは裏腹に、頬張るや秒速で胃に収まってしまう。

くやしい。くやしいけれど……好き。このじれったい体験が忘れられなくて、また並んでしまうんだなあ。

ごちそうさまでした。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆