宮崎の系譜。『澤乃井』東京・渋谷



渋谷にあるお気に入りのうどん屋さん。宮益坂方面に用事があれば高確率で寄ってしまう『澤乃井』

場所は宮益坂上、エネオスの前あたり。壁には「まいう~」さんや競艇好きの漫画家さんなど著名人のサインがずらり。

1984(昭和59)年創業、ウリは釜揚げうどん。創業者が釜揚げうどん発祥の地(と言われる)宮崎を代表する『重乃井』で修業されたからだそう。

この日はごぼう天うどんを注文。もっとも好きなのが、この琥珀色のだし。昆布、カツオ節、宮崎産の椎茸に同県のヤマエ醤油の濃口醤油、と宮崎愛溢れる構成で、イノシン酸・グルタミン酸・グアニル酸と旨み成分が三拍子そろっているとあれば、もう! ね!

4mm幅ほどのねじれ細うどんも奥ゆかしくていいです。噛むと程よい跳ね返しで、粘りは控えめかな。

そうそう、“かしわめし”も都内で食べられるお店が少ないのでありがたいかぎり。素朴な味なのでそのままでもおいしいけれど、れんげに乗っけてだしに浸しちゃったりなんかして、そりゃあ極楽の味です。

板わさやあさりの酒蒸しといった一品料理も多く、居酒屋としての使い勝手のよさもグッド。

ごちそうさまでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆