初夏、ほっと麦茶。『運ど運屋』神奈川・鎌倉



大船。鎌倉からの取材帰り。昼ごろからグアッと暑くなり、冷たいうどん目当てに駆け込んでしまいました。テレビが静かに流れる大衆食堂的な店内。そばもあるもよう。

昔からあるお店独特の古い香りというか、ああもう落ち着きます。お店の方に伺うと、50年くらいここでされているとか。

グラスに入った麦茶を出していただき、ごくっ。……お?

冷たいかと思いきや、これがホット。逆に、逆にいい。ふと、錦糸町から佐賀に移転した、大変有名なカレー屋「アキンボ」も暑い日に白湯を出すといつかの「dancyu」の記事を思い出しました。

冷おろしうどん670円を注文。厨房からシャリシャリと大根をする音が聞こえてきます。風鈴並みに良い効果。偶然、私の後にいらした女性客も同じ注文をされて、ふふと笑ってしまいました。

水をたっぷりしたためたうどんで、それこそ息つぎも忘れてすすりました。太っ腹の鰹節もうれしかったな。

ごちそうさまでした。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

『うどん手帖』では、リアルなうどん情報とフラットな目線を大切に発信しています。うどん一杯くらいおごってもいいぞ~くらいのお気持ちで応援していただけたら幸いです。

サポートする!

受け取り先メールアドレス「matsumugi.base@gmail.com」 (受け取り専用)

いただいたサポートは、“うどん”という愛すべき食文化をより一層掘り下げていくためのフィールドワークに大切に使わせていただきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


タグ: