18/11/13

一反木麺。「めんいち」(群馬・高崎)


讃岐うどんを謳うお店。でも、地元の名物“ひもかわ”もちゃ~んとある。かけ¥380。濃口醤油がおもいきり効いた関東つゆは案外貴重だ。

よく上方の人から「関東のつゆは黒いやろ~?」と言われる。でも、その人が最近食べたかといえばそんなことはない。黒いかけつゆといえば、駅の立ち食いそば屋を除けば先の人のイメージより圧倒的に少ないと思う(余談だが、たまに無性に立ち食いそばのうどんが食べたくなる。自由が丘「そば新」で深夜に食べる鴨うどんは最高だ)。東京のうどんシーンは常にめまぐるしい変化の中にあると思う。色がついていなかった分、讃岐うどんを筆頭に今や大枠のうどんは大抵ある。

話を戻そう。そんな昔なつかしい濃いつゆに浮かぶ一反木“麺”は、寡黙なご主人の手打ち。もっちりと底力があり、口腔に接する面のツルツルっぷりがなんとも心地いい。ご主人の釣れない感じも気楽でいいかもしれない。本当に静かなお店だった。



スポンサーリンク