ガツンと椎茸。UDON from ニューヨーク



ニューヨーク土産のうどん、いやUDON。Whole  foodsで唯一残っていたそう。もしや売れ筋商品? 

日本のうどんならどんなに遠い場所でもゲットするチャンスはあるわけですが、ニューヨークとなるとハードルが高く……現地の方からすれば、きっとコンビニメシくらいのカジュアルな食べ物かもしれないけれど、私からしたら大変貴重なブツです。

「Annie Chun」という方(料理研究家なのかな)がプロデュースした商品みたい。作り方は拍子抜けするくらい簡単で、「容器の内側まで水を入れてレンジで2分温めるだけ」。

実際に食べるまで、正直味のイメージが全然できなかったのですが、一口啜ってみてびっくり! SHIITAKEの主張がすごい。椎茸といえば、渋谷の「澤乃井」さんあたりがつゆに椎茸出汁を少し使っておられて、それはそれは複雑な味わいなのですが、椎茸100%のつゆは生まれて初めて。醤油もがつんと効いていて、う~んおもしろい。麺は駅うどんのような感じで、もしニューヨークで暮らしていたら、夜食などにもってこいなフランクな感じ。

今、どこかのニューヨーカーがこの「UDON」を啜っているかと思うと、なんだかにやついちゃいます。ごちそうさまでした。いい体験をさせてもらいました。