16/05/05

ふわりと香る鰹節、澄み切った琥珀の出汁は口福の味「釜あげうどん はつとみ」(東京・江戸川橋)


毎日うわごとの如く「うどん」「うどん」とつぶやいていると、都内のおすすめうどん店を聞かれることもしばしば。そんなとき、僭越ではありますが必ずオンリストするのが江戸川橋の「はつとみ」です。こちらは麺・出汁ともにため息をつくような素晴らしさ(おまけに女将や店の雰囲気まで素敵!)で、特に出汁なんて都内最高レベルと断言してもいいほど! My溺愛店のひとつです。

IMG_20160418_134418

きつねうどんに小鉢(※さっぱりとした春雨サラダ)がついて750円。

IMG_20160418_134445

青、白2種類のネギ使いは意外と珍しいですね。

20160418_132945183

「はつとみ」の魅力その壱は、宮崎の名店「重乃井」と渋谷の「澤乃井」で修行したご主人が打つ、やや細い麺。ゆるゆるとしたねじれを見れば思わず心も躍るってもんです。反発するような弾力を持つ「澤乃井」に比べると女性的で、絶妙なフワフワ感とするすると喉を通るしなやかさが持ち味。

20160418_133003849

スレンダーな麺が泳ぐは魅力その弐、鰹節や昆布などから引いた琥珀色の出汁。上品な香気とともに口に運ぶと、舌を包むまろやかな旨みの中にほのかな甘み、かと思えばキレもあり、とめぐるめく極上出汁の渦にただ飲まれるのみ(飲んでいるのはこちらなのに!)。頭の先からつま先まで〈口福〉で満たされ、思わず丼に向かって頭を下げる次第であります。うどんにおけるさまざまな流派を超え、万人の“おいしいスイッチ”を押すのはきっとこういう味。

ただ、困ったことも。この透明感のある出汁が好きすぎて、お店の看板であるところの釜揚げうどんをいまだ注文できていないのです!どうしてくれるんだ、「はつとみ」さん!(自己責任)次回に2杯頼むか否か、それが目下の悩み。ごちそうさまでした。


スポンサーリンク