17/05/05

細麺が繰り出す独特の粘り。「BUZEN 麻布十番店」(東京・麻布十番)


北九州・小倉発の「豊前うどん」については、これまで東京・高田馬場「大地のうどん」や福岡・天神「うどん和助」の記事でご紹介してきましたが、2014年5月オープンの「BUZEN 麻布十番店」も豊前うどんのお店。場所は麻布十番駅から徒歩2分、網代公園近くのかつて「CAFE LIFE」だった一軒家風の建物です。

2階にはゆったりと寛げるソファ席があり、明るい時間帯はお子さんを連れたお母さま方の姿もよく見かけます。

もちろん、ごぼう天うどん880円を注文。

一枚一枚ボリュームがあるきつね色のごぼう天。カリッ、ホクッ、衣がジュワ~ッ!と、めくるめく食感の波にお口も大忙しです。

麺は4mm前後と細いものの、歯を受け止めるもっちり感と印象的な粘り、かつ切れる瞬間に弾ける表情の変化が大変楽しゅうございます。鰹節ベースの出汁も甘味・塩味・うま味のバランスが取れており飲み疲れしません。

同じ豊前うどんでも、例えば「大地のうどん」さんあたりと比べて麺に透明感がないのは、豊前うどんの生みの親である「津田屋官兵衛」さんを中心とした店舗からなる「豊前裏打会」の“ある方針”によるもの。というのは、同会では使用粉の銘柄・配合率などは統一されていますが(門外不出!)、興味深いことにその後の熟成などは<アレンジOK>。豊前うどんという看板は同じなれどお店ごとに個性が違う、そんな面白さがあるのです。

ここ麻布十番の他、新橋、神田、祖師ヶ谷大蔵、千葉、そして福岡の天神などにも展開する「武膳」グループですが、現在は天神の店舗を除き「豊前裏打会」から除籍されているようです。私もそこまで詳しく聞いていないので、これ以上は控えたいと思いますが……まあいろいろありますなあ。

豊前うどん、この流れを止めずにがんばってほしいです。ごちそうさまでした。ちょっとしたおつまみもあり、使い勝手のよいお店さんです~。

 


スポンサーリンク