16/05/11

素材感際立つ極上のえびかき揚げ!ビブグルマン掲載「葉隠うどん」(福岡・博多)


「おすすめはえびかき揚げうどんです」。なるほど、ヌードルライター山田祐一郎さんが絶賛されるのも納得。正直、こんなかき揚げは初めて。衣に埋もれることなく、絨毯に寝そべるかのごとく配された大ぶりのえびの姿がなんとも陽気でユニーク。ワクワクを箸に託して噛むと、カリッと軽快な音、ついで鼻腔に抜ける香ばしい香り、極めつけは出汁を存分に吸いじわりと舌の上でとろける衣……あぁたまらなく美味!

20160413_112958560

先だって記事にした「かねいし」「寅ちゃんうどん」にほど近い「葉隠うどん」。コストパフォーマンスに優れたお店に送られるビブグルマン(ミシュランガイド福岡・佐賀版2014)に輝いたこともあり、博多の中でも評判の店です。

20160413_114021294(昼時ともなればお店の外まで行列ができるとのこと)

20160413_112841674

ご主人は博多の大行列店「うどん平」で修行を積んだ唯一の人物であり、風味を損なわぬよう徳利で出汁を保温する手法はまさに平流。そういえば、昆布ベースの穏やかな出汁の仕上がりも平のそれに似ているかも。かき揚げからにじみ出た油分が出汁にツヤを与え、それがするんと喉に流れていく心地よさに感激しきりであります。

20160413_113504257

麺はやや平たく透明感のある仕上がり。平同様、長年の経験をもとにご主人が指で確認しながら茹で加減を調整することで、狙いすましたかのような絶妙なもっちり感が実現しているようです。また、ご覧のとおり左右の切り口間にできる溝(スペース)が広いため、この溝が出汁をたっぷり口まで運んでくれるという利点もあり、やはり博多うどんは出汁が主役としみじみ実感させられます。450円でこんな美味にありつけるなんて……幸せ。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク