17/06/02

小路に佇む寡黙なうどん。「さぬきや」(東京・学芸大学)


学芸大学駅から徒歩5分ほど。暮れどきのにぎやかな繁華街を抜け、静かな小路へ。和モダンな趣の「さぬきや」さんは、昼は手打ちうどん、夜はさらに酒肴もそろううどん居酒屋です。

カウンターとテーブル2卓のみ、こざっぱりとした店内を満たす出汁の香りに、品書きを眺めつつわくわく。温冷さまざまなおうどんだけでなく、おつまみのメニューも豊富で、その数ざっと見ただけでも40種類以上! 揚げナスのみょうが添えに、ししゃもの磯部揚げ、海老のれんこんはさみ焼き……う~ん、悩ましい。

おつまみはまた別の機会にするとして、この日注文したのはきざみ揚げうどん750円。

麺は粘弾性&コシ控えめと総じて寡黙な印象で、丸みを帯びたかけつゆと静かに調和しています。たっぷり入ったお揚げを3~4枚頬張れば、じゅわっと勢いよく溢れ出した出汁をこぼしそうになる幸せなアクシデントも。

ね、おうどんの種類も多いですよね。季節ものの「帆立の貝柱あられうどん」なんてあまり聞きませんし、次回試さねば!

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク