16/12/30

腰を据えて飲むのにちょうどいい。「伊予」(東京・奥沢)


学芸大学の「恩家」、「さぬきや」、中目黒の「sugita」、「二〇加屋長介」、「おにやんま」、「豊前房」など、多くのうどん店を擁す東急東横線に比べると、同じ東急でも目黒線はちょっとうどん屋が少ない沿線かもしれません。だから、奥沢駅近くの静かな通りに佇む「伊予」は貴重な存在。

しっとり落ち着いた外装、お店の中心に大きな植木鉢を据えたシャープな和空間がとっても素敵。

20160602_192247135

20160602_192536939

そうそう、接客はかなりさっぱりしています。意味深な言い方でごめんなさい。でも、「さっぱり」なんです。私個人はそういう所ってあまり気にならないのですが、店員さんにおすすめを聞きつつ場を温めたい方にはちょっと物足りないかも。うふふ。

「伊予」さんの立ち位置は「うどん屋」というよりも「うどん居酒屋」や「和食屋」に近いようで、品書には炙りしめさばやふき味噌、甘エビの唐揚げなどの酒肴や日本酒が並びます。気になる。

20160602_192350355

大判きつねうどん950円(ohちょっぴりお高め)を注文。

img_20160602_195026

わあ、本当に大判のお揚げ。薬味や彩りのチョイスも、お店の雰囲気に合った上品な印象です。円い香りのかけつゆも素敵。特定のものが主張するのではなく、素材同士が手を取り合っているような平和な仕上がりです。うどんは幅7mmほど、断面は角の取れた鼓型。小麦の香りはそんなにしなかったように思います。粘弾性は控えめで、噛み始めと噛み切った瞬間の歯圧の変化はそこまでありません。穏やかなむちむち感は万人受けするタイプ。

img_20160602_195005

目黒線沿いもうどん屋さんが増えるとうれしいな。ごちそうさまでした。


スポンサーリンク