16/12/21

屋外?屋内?秘密の出汁がじわり沁みる。「司馬」(東京・上野)


むむ? 屋外のような屋内のような。そんな不思議な場所に「司馬」はあります。JR上野駅から仲御徒町方面に歩いて5分、昭和通り沿いのビル1階に店を構えて40年。さぬきうどんをメインに定食あり、おつまみあり、もちろんお酒ありで夜は周辺のサラリーマンが集うそうな。この昭和感いいですねえと伝えると、カウンターの中から「あっという間だなあ」とご主人、ぽつり。

食券機できつねうどん450円を注文しました。

img_0029

関西風出汁がじんわり。ああご主人、これ沁みます。何が入ってるんでしょう、とさりげなく聞くも「ふふ、そう? でもレシピは企業秘密」だって。残念。昆布を主体に鰹節と雑節を軽く効かせていて、舌をとろっと包み込むようなまあるい味わいでした。詳しくは今度聞いてみよう。あ、企業秘密か。

麺はツルッモチッと喉ごしよく、〆られるために生まれてきたかのよう。ちょっとタピオカ澱粉入りな気もするけれど、未確認なり。

img_0030

言ってしまえば、うどん居酒屋。でも最近話題になっているネオタイプではなくて、昔ながらの大衆感たっぷり。いいお店だなあ。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク