18/01/07

しっとり、水がにじむ麺。「手打ちうどん かとう」(愛知・中村区)


結論から言えば、最高に好み。

名古屋は中村区の「かとう」。1泊2日の名古屋うどん旅で、新規開拓もしつつなんだかんだ2日連続で訪れてしまいました。ご主人の加藤さんは香川県さぬき市の「源内」で修業し、2010年に「かとう」を開店。

1日目はぶっかけ、2日目は少しわがままを言って冷やかけを注文。やや細い手打ち麺はしっとりと色っぽく、今にも水がにじみ出てきそうな佇まい。唇に吸いつくようなシルキーな麺肌にも、噛み切られまいとする身のよじり方にも、もうすっかり虜です。

たまに「お風呂いっぱいに入れて浸かりたい」と思う麺があるのですが、「かとう」もそのタイプ。東京にあったら、冗談ではなく定休日以外、毎日通ってしまうんだろうな。

ごちそうさまでした。


スポンサーリンク